借金 弁護士 無料 相談

あなたの借金問題を解決します!

借金 返済 弁護士

借金 相談 弁護士

借金 無料 弁護士

借金 解決 弁護士

 

 

借金 返済 弁護士

 

借金返済を減額してもらうには

借金 返済 弁護士

 

督促の電話で心臓がバクバクする。毎月毎月、現金が足りなくてつらい。
こんな生活を長く続けていたら、心も体も病気になってしまいます。

 

実は借入先との話し合いをすれば、借金は減額できます。

 

 

なぜ金融機関が借金の減額に応じてくれるの?

不思議だと思いませんか?
それは本当にお金が返せなくなると自己破産になるからです。

 

自己破産になると会社に1円もお金が戻ってこなくなります。
だから、返せなくなった方の借金を減額してくれるのです。

 

借金の解決方法にはいくつか種類があるので、あなたに最適なものがどれか見てみましょう。

 

 

借金の解決方法の種類

借金 返済 弁護士

 

任意整理 借りたお金の利息(金利)を無くしてくれる
個人再生 残りの借金の総額を減らしてくれる
自己破産 すべての借金が無くなる。ただし、家や車などは処分。

お金を借りると必ず金利が発生しますね。この金利を無くしてくれるのが任意整理です。
残りの借金の総額を減らしてくれるのが個人再生です。
家や車、一部を除く貯金を処分する代わりに、すべての借金が無くなるのが、自己破産です。

 

いずれの方法にも適用できる条件が決まっています。
どの方法がいいかは、あなただけで判断するのは難しいですね。

 

お近くの弁護士に相談することをおすすめしますが、見当たらない人はこちらの専門家司法書士に相談してみましょう。

 

 

 

 

借金問題の返済のことばかり考えると、夜もまともに眠れなくなります。
早く弁護士や法律の専門家に無料相談して、いい解決方法を見つけてくださいね。

借金 返済 弁護士

 

 

お金の問題

 

お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも相談していいわけではないのです。

 

専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらえるので、間違った問い合わせ先に相談することがなくなります。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

日本法規詳細

 

24時間受付 全国対応

 

 

 

 

 

カードの種類

 

クレジットカード、キャッシュカード、キャッシングカード、デビッドカード、電子マネー。
いろいろな種類のカードがありますが、この中に借金を負うものがいくつかあります。
どれが借金か知らないまま使っている方もいます。

 

当たり前ですが、確認しておきましょう。
まずクレジットカードは買い物をしたときにお金を立替てもらうものでズバリ借金です。買い物をしずぎて、毎月の給料よりも支払いのほうが多くなれば、カード破産してしまうものです。

 

そしてキャッシングカードは直接現金を引き出すことのできるカードですが、立派な借金です。
現金が出てくること、キャッシュカードと名前が似ていることから、自分のお金だと勘違いしてしまいそうになりますね。
キャッシュカードは自分の銀行口座から直接現金を引き出すためのカードですが、キャッシングカードは違いますのでご注意ください。

 

デビッドカードは他のカードよりも使っている人は少ないかもしれません。
デビッドカードは買い物の際に直接自分の銀行口座から引き落とされるものなので、借金ではありません。
電子マネーも最初に現金を入金しますので、借金には当たりません。

 

このようにカードにはいくつか種類があり、使用方法を間違うと多額の借金を背負うことになりますからお気をつけください。

 

 

 

過払い金の問題とは

以前、頻繁に「過払い金の返還請求」についてのテレビコマーシャルを見かけました。
過払い金問題って、一体何だったのでしょうか?

 

日本ではすこし前まで、貸金業者が利息の根拠として提示していたものが2種類存在していました。
それが出資法と利息制限法です。

 

この2つの法律で利息の上限が異なっており、出資法では年29.2%、利息制限法では15〜20%だったのです。

 

ここに大きな問題があったのです。
※利息制限法の金利は借りた金額によって利息が異なるので、15〜20%としています。

 

ということは出資法の29.2%と利息制限法の15〜20%では、9.2〜14.2%の差があることがわかります。

 

この差をグレーゾーンと呼び、利息制限法には違反するけれど出資法では違反していないという、非常におかしな状況だったのです。

 

貸金業者の中でも特にサラ金業者は金利29・2%で貸付を行っていたわけです。
借りた人からすると30%近い金利のせいで、返しても返しても借金が減らないという状況です。

 

しかし平成18年、この矛盾を解消してグレーゾーンを撤廃することが最高裁で決められました。
そして過去に払いすぎた金利を債務者に返還するように言い渡されたのが、過払い金請求なのです。

 

貸金業者にとっては寝耳に水の状況です。これにより大手の貸金業者が倒産に追い込まれ、当時大変な事件として報道されました。

 

しかし過払い金請求にも時効があり、 最後に返済取引をした日から10年経過してしまうと過払い金返還請求が難しくなるのです。
だから一時期よりもコマーシャルが減ってしまったわけです。

 

 

借金の相続

遺産相続といえば、親が残した財産を配偶者や子どもたちで分配するというイメージがありますね。
しかし実は、親が残した借金も相続するということを知っていますか?

 

遺産というのは、亡くなった方が残したすべての財産を意味します。

 

相続する財産は現金や預金、不動産や借家権、借地権、貸付債権のほかに、車や貴金属、美術品などがあり、これだけなら「資産」と言えるのですが、残念ながら「借金」も相続するのです。

 

借金、他人の債権の保証人などは「負債」と呼ばれるもので、出来れば相続したくないものですね。
しかし借金だけ拒否して、財産は相続したいという虫の良い話はないのです。

 

もし資産と負債を相殺したときに、負債の方が大きいのであれば相続を放棄したほうが良いようです。

 

親の借金を子供が払うのは当たり前と言って脅してくる業者もいますが、それは無知なだけ放棄することができるんです。

 

しかし相続放棄にはスピードが必要で、相続開始から3ヶ月以内に家庭裁判所で相続放棄の手続きをする必要があります。
相続人の死亡を知ったときから3ヶ月間何もしなければ、単純承認したとみなされて、財産も借金も相続します。

 

親が亡くなって悲しい時ですが、ゆっくり泣いている時間はないのです。